太陽光発電のオススメメーカー

太陽光発電機にも、いくつか種類があります。
どのメーカーのものが良いのか悩んでいるのではないでしょうか?

確かに、色々なメーカーが太陽光発電機を販売しているので迷うのも無理はありません。

実際に導入している人たちに人気が高いメーカーを紹介していきます。

三洋電機の太陽光発電機

発電量が多く、発電する際にロスが少ないことが人気となっています。
限られている屋根の広さでも、他社よりも発電量を多くすることができます。
それは、発電性能がかなり高いからのようです。
今までに設置できなかった屋根への取り付けも可能になったそうです。
太陽光発電業界の中でも最高水準の発電量だというようにも言われています。

東芝の太陽光発電機

東芝も、太陽光をエネルギーに変換する効率がかなり高くパワフルです。
そして従来までは日本の屋根には重荷だったモジュールでしたが、軽量化することによって、日本の限られた屋根の広さでも設置が可能となっています。
1面積あたりの発電量がとても多いので、少しの枚数で沢山発電することができます。
東芝の太陽光発電機は見た目を重視しているかたにもオススメです。
なぜならバックコンタクト方式と呼ばれる、新たな技術を交えながら外観にもこだわって設置してくれるからです。
そして、東芝で太陽光発電機を設置すると申し込みをすれば10年間の保証がついてきます。

シャープ

シャープは、太陽光発電によって電気そのものを作る存在として1959年から取り組んでいました。
灯台や人工衛星などにもシャープの製品が使われています。
家庭用太陽光発電機には、多結晶シリコン系という発電性能の高いものを用いているようです。
形や大きさの違うモジュールを取りそろえているので、屋根一面に細かく設置することができるので、より多くのエネルギーを発電することができます。
モニターを取りつけてもらうことにより、シャープの太陽光発電専門者が監視し、定期的に診断してくれます。
もしもシステムにエラーが生じた場合は迅速に気付き、対応してくれるとのことです。
携帯などでいつでも発電した量、電力を売った量などを確認することができるので、節電意識も高まるのではないかと思います。

京セラ

京セラの太陽光発電は、外観がカッコイイということで人気があります。
デザイン性に優れているので外観を気にするかたにはぴったりなメーカーだと思います。
屋根のデザインに馴染むモジュールなので、ソーラーパネルの存在感を消したい人にも。
雷、地震、火災、台風などといった災害時も保証対象となっています。
設置をするとともに保証がついてくるので(申し込み不要)手間もかかりません。

パナソニック

パナソニックの太陽光発電機は、独自の技法で発電ロスを削減して最大限に発電できるようになっています。
1つのモジュールで充分な発電量があるので、屋根が狭くて設置できるパネル数が少なくても大丈夫でず。
設置枚数が少なくて済むということは、屋根への負担も抑えられるということにもなります。
他社の製品と比較してみると、同じ発電量でもおよそ100kgほどパナソニックの発電機が軽くなったそうです。
そして暑さに強いということも魅力の1つです。
暑いと発電量が多くなるというように考えがちですが、実は暑すぎると発電量が減ってしまったりもします。
パナソニックの太陽光発電なら、夏の暑さの中でもしっかりと発電することができます。

三菱電機

三菱の太陽光発電機は、CMでも宣伝されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
「フルブラック単結晶モジュール」という黒のソーラーパネルという新デザインも開発しています。
防汚フレームといって、汚れやホコリをフレームの縁の水切りから流してキレイを保つ加工もされています。
設置の際も、三菱が認定したエキスパートのかたが行ってくれるので欠陥工事などの心配もないようです。
更に20年の保証もあるのでもしもの時にもきちんとアフターケアを行ってくれます。
信頼性を求めているというかたにオススメなメーカーです。