太陽光発電導入方法

太陽光発電の導入を考えている人の中には、どうやって導入するのかということで悩んでいる人もいると思います。

いきなり太陽光発電のメーカーを探す、料金を確認するなどではなく、まずは導入方法を知ってから、導入するかを検討しましょう。

では、太陽光発電を家庭に導入するまでの方法を紹介します。

1、いくつかのメーカーに見積もりを頼む

まずは、何種類ものメーカーに見積もりを頼んでください。
無料見積もりを実施しているところがオススメです。
家の状態に応じた希望の家庭用発電機を勧めてくれるのと、導入費などを計算してくれます。
1つのメーカーに絞ってから見積もりを頼むというのはオススメできません。

2、工事を依頼する

導入したい家庭用発電機が決まったら、工事会社に工事依頼をします。

3、見積もりが届く

正式な見積もり額が送られてきます。

4、工事の日程を決める

工事の日取りを電力会社や工事会社と話を交えながら決めていきます。

5、工事開始

機器の設置、内線を繋ぐなどといった工事を開始します。

6、確認

無事に工事が成功したかどうかの確認を行います。

7、電力会社との契約

余った電力を電力会社に買い取ってもらうという契約を結びます。

8、運転開始

太陽光発電の運転開始、使用開始が可能となります。

上記が家庭用発電導入の際の順序です。
面倒なように見えますが、淡々と進んでいったという経験者がほとんどのようです。