太陽光発電のデメリット

太陽光発電は、原子力発電の代役とも言われている再生可能なエネルギーです。

太陽光発電を実際に導入すると、思っていたのと違うと思ってしまうような「デメリット」も見えてきます。

あらかじめそういったデメリットを知っておくことも大切です。

そこで、実際に導入している人が感じている「デメリット」を紹介します。

  • 【1】屋根の広さがある程度は必要(大量発電する場合)
  • 【2】他の発電方法に比べると発電量が少ない。
  • 【3】太陽が出ているときにしか発電することができない。(雨天時や曇り時は発電不可)
  • 【4】蓄電式以外の発電機では太陽が出ているときのみ電力を使える。
  • 【5】設置するのにかかる費用が高い。
  • 【6】夜間の発電量は無いに等しい。(月の光によって若干発電)
  • 【7】ソーラーパネルを設置することで屋根に負担がかかる。
  • 【8】積雪時は晴れていても発電力が低下する。
  • 【9】信頼できる業者でないと欠陥工事になる可能性も。
  • 【10】元が取れるまでに長い年数がかかる。

上記が太陽光発電を設置するにあたってのデメリットです。
クリーンエネルギーで環境を汚すこともないので、メリットばかりかと思っていましたが、意外にデメリットも多いようです。

電力不足が叫ばれているにも関わらず、太陽光発電の普及がそこまで伸びていないのは、やはり上記のようなデメリットもあるからではないでしょうか?

資料を集めれば集めるほどデメリットに気付き、諦めるというかたも多いようです。